【2019冬】公務員の12月ボーナスはいつ?支給日が土日の時は!?

こんにちは、現役公務員のミドニーです!

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

今回のテーマは、公務員の12月ボーナスはいつ?支給日が土日の時は!?です。

公務員の12月のボーナスの支給日はいつなのか?

ボーナス支給日が土曜、日曜、祝日の時はどうなるのか?

公務員のボーナス支給日について、現役公務員が詳しくお伝えします!

公務員の12月ボーナスの支給日

ズバリ、今回の12月ボーナスの支給日は次のとおりです。

2019年12月10日(火)

国家公務員のボーナス支給日は法律で定められています。

法律上の支給日は

12月10日

地方公務員に関しても国家公務員の支給日に準じる形で条例で定められているため、同じく12月10日か、それに近い支給日を設定しているケースが多いです。

(12月10日としているのが一般的です)

しかし、12月10日が土日や祝日に重なった時は、支給日が変更になります。

公務員のボーナス支給日が土日祝日の時

ボーナス支給日が土曜や日曜もしくは祝日と重なってしまった場合、その日は金融機関の営業日ではないため、ボーナスの振込ができません。

そのような場合には、前倒しでボーナスが支給されます。

具体的にはボーナス支給日の前の最終金融機関営業日(平日)が支給日になります。

ボーナス支給日が土日であった場合は、直前の金曜日がボーナス支給日になります。

またボーナス支給日が祝日であった場合は、祝日の前の直近の平日が支給日となります。

以上のことから、その年のボーナス支給日の曜日によって、毎年ボーナス支給日というのは変わります。

ボーナスは何時頃、口座に入金されるのか?

ボーナスの支給日は平日ですから、ボーナスが振り込まれたその日のうちに、金融機関にお金をおろしに行くという人は少なくありません。

では、ボーナスは何時頃に振り込まれるのか?

こればかりは、自治体が指定している金融機関によって、まちまちです。

ただ一般的には午前中のうちには振り込まれていることが多いようです。

ボーナスの振込手続き自体は、ボーナス支給日よりもかなり前に給与支給担当部署によって処理されているはずです。

そのため、金融機関の営業時間内の比較的早い時間帯で振り込みが実行されるケースが多いです。

急いでボーナスを引き出したいという人は、お昼休みにATMや金融機関の窓口に行ってみると良いでしょう。

まとめ

冬のボーナスは、夏のボーナスよりも若干支給額が多めになるのが基本です。

クリスマスやお正月など、イベントも控えている時期ですので、その前に多額のお金を受け取れるのは嬉しいですよね。

昔と違って今は銀行振込のため、ボーナスを受け取ったという実感は少ないですが、毎月の給料以外にボーナスがもらえるというのは、日々仕事を頑張っているからこそのご褒美。

1年間頑張った自分のために、少しだけご褒美として自分のためにボーナスを使っても、良いのではないでしょうか。

ボーナスの支給基準日については、以下の記事に詳しく書いていますので、参考にしてみてください。

基準日とボーナス額の関係を知識として知っていると、数十万円も得することがあるという話を書いています。

参考:公務員の6月ボーナスの支給日はいつ?賞与の基準日も解説!

それでは、今回も貴重なお時間のなか『現役公務員ママの本音とリアル』をご覧いただきまして、ありがとうございました!